読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

完全無欠ANAマイルSFC修行

完全無欠ダイエットしながらコツコツANAマイルを貯めたのでSFC修行(ANAスーパーフライヤーズカードをゲットするための旅行)を記録したブログです。

第3修行 鹿児島三角飛び 羽田 - 鹿児島 - 名古屋 - 成田 @2017/01/08

第3修行は、はじめての「三角飛び」です。

三角飛びとは、単純な往復の便ではなく、東京(羽田/成田)から鹿児島・名古屋(中部)を経由して東京に戻ってくるというような路線です。気楽にできる修行で、私はこの三角飛びが好きになりました。

この修行では中部国際空港セントレアを初体験しました。おそらく、羽田や成田が近い私としては、修行しないと使わないレアな空港です。

アサイチに始められて、セントレア空港でお風呂入ったりオイルマッサージしてもらったりして、まったりすごし、夕方には帰ってこれる、というお気楽な修行でした。今後も単価がよければ修行に組み入れたい路線です。

続きを読む

第2修行(2) あったかい宮古島、ゆったり夕暮れで羽田到着 羽田 - 宮古 @2017/01/03

宮古島往復で羽田を飛び立ち宮古島空港に到着。

宮古島は正月だというのに暖かくて、本当に同じ日本なのかと思うくらい。短い時間でしたが宮古島空港をぶらりと一周して帰ってきました。

到着を出迎えてくれたシーサーさんズです。はいさい~。

続きを読む

第2修行(1) 羽田空港到着ゆったりANAラウンジ 再びのO・SE・CHI! 羽田 - 宮古 @2017/01/03

那覇往復に引き続き、大人気の宮古島往復。

宮古島のプレミアム旅割28は一番の激戦で、平会員としてはかなり奇跡的にとれたチケットでした。単純な1往復でしたが、那覇往復に比べて楽しむことができました。

そのひとつの理由は、はじめてのB737の搭乗です。那覇便で活躍したB777より小ぶりで、このあとの修行の三角飛びなどでお世話になりました。

今回は、はじめてのB737プレミアムシート搭乗と、再びのおせちGOZENの体験記です。

続きを読む

最終修行 OKA-SIN旅作 東京 - シンガポール @2017/01/20

あっという間でしたが、いよいよ最終修行!

最終修行はインター*1修行定番の那覇(OKA)経由のシンガポール(SIN)便、通称「OKA-SIN」修行です。この路線は1回の修行で2万PPという超大量のプレミアムポイントを一気にゲットできる人気路線です。

*1:International便=国際便のこと。国内便はDomestic=ドメと呼ばれるようです。

続きを読む

第2修行 宮古島往復 羽田 - 宮古 @2017/01/03

お正月三が日というのに、第1修行から息つくヒマもなく、中一日で第2修行です!これぞ修行!

第二弾は超人気路線の羽田 - 宮古島です。この路線はプレミアム旅割28で単純1回往復で6590PPという大量のプレミアムポイントを、効率的にゲットできる人気の国内路線です。

プレミアム旅割28で最も激戦だったのがこの路線でした。那覇便は日程を工面すればなんとか取れる便がチラホラありましたが、この宮古島路線は平日だろうが休日だろうが、いつも予約する時刻前に既に満席で、まったく取れる気がしませんでした。

1月3日で帰省ラッシュの後*1という日程が幸いしたのか、奇跡的に往復便ともにプレミアム旅割28で獲得できました。マイルの神様ありがとうございます。

元旦から那覇2往復という第1修行で疲れ切っていたのですが、宮古島は修行の後でも行ってみたい島だったので、体験してきました。

第1修行でいくらか修行に慣れたので、記事数は少ないかもしれませんが、ご覧いただければ幸いです。

*1:この年は1月2日がラッシュ日

続きを読む

第1修行(6) もう一回 羽田-那覇 那覇 - 羽田 @2017/01/01

第1修行、もう一往復の羽田-那覇です。

第1・2レグで初体験のコンテンツが色々あったので、実はこの時点でわりと疲れてしまっていました。

アルコールも抑え気味に採っていたのですが、どうも飛行機のリクライニングばかりで長時間いると、かなり腰を痛めるようで・・・次の日はお休みだったのですが、1日つらかったです。歳ですね・・・。

まあ1日10時間だらしない格好で座ってると思うと、そりゃ疲れちゃいますよね・・・。

第3レグはNH475(B777だったかと思います)、20分前にラウンジで優先搭乗開始コールがありました。

続きを読む

第1修行(5) ANAラウンジ羽田空港(国内線)でまったり 那覇 - 羽田 @2017/01/01

搭乗ロビーに無事ついた私は次の第3レグを待機するために、羽田空港のANAラウンジ(国内線)にて休憩いたしました。

マッタリと時間を過ごさせていただきました。

到着ロビーということは、いわんや、ANA羽田空港ラウンジにお目見えできるということになります。

続きを読む

第1修行(4) 那覇から羽田復路 再びのGOZENと乗り継ぎゲート 那覇 - 羽田 @2017/01/01

はじめての那覇に到着するやいなや、そのまま羽田にとんぼ返りしました。

復路の便もプレミアムシートでまたGOZENでGOHANをいただくことになるわけですが・・・お腹いっぱい・・・。そして波状に襲ってくるスイーツの数々・・・。コレフトール・・・

羽田に着いた後、到着ロビーには行かず「乗り継ぎゲート」を経由して搭乗ロビーに舞い戻るルートで戻ってきました。

今回は復路のお食事と、到着後の次レグのための搭乗ロビーへのショートカットの体験談になります。

続きを読む

第1修行(3) 初プレミアムクラス&那覇空港ANAラウンジ 那覇 - 羽田 @2017/01/01

無事、飛行機に搭乗して、はじめてのプレミアムクラスです!

国内出張でいつも乗っている普通席からは、カーテン1枚で遮られた向こうがわでは、どんなサービスが振る舞われているのか・・・「あんな〜こ〜と〜 こんな〜こ〜と〜♩」といつも空想しながら、うらやましく思っていましたが、まさか自分が乗れる日が来るとは、といった感じです。

しかもこの日は4回もプレミアムクラスに乗ったので、途中から麻痺していました(笑

那覇も訪れるのは初めてで、さらに那覇空港のANAラウンジもお初と、何から何まで初めてづくしだった記憶に残るフライトでした。

続きを読む

第1修行(2) プレミアムチェックイン・保安検査場・優先レーン搭乗 那覇 - 羽田 @2017/01/01

アサイチの羽田空港第二ターミナルに無事つくことができました。

今回はプレミアムシート利用時の、チェックインから搭乗完了までの優先サービスについての体験談になります。

SFC修行を終えた暁には、その後はずっと特典として受けられるサービスになりますが、修行の間でもプレミアムシート搭乗であれば同様に受けられる優先サービスになります。

SFC修行は体力勝負でもあるので、優先搭乗にまつわるサービスは精神衛生上、地味に強力なサポートサービスになります。また、一度贅沢を知ってしまうと、それが当たり前になって、サービス無しには考えられなくなるという、沼の入り口でもあります。。。

なんにせよ短期決戦の修行モチベーションには重要なサービスなので、いってみましょう。アサイチのANAターミナルの雰囲気も併せてお楽しみください。

続きを読む

第1修行(1) 羽田空港までのアクセス~早朝アサイチ編~ 那覇 - 羽田 @2017/01/01

はじめての修行記でちょっと緊張しています。

少しずつ少しずつ書いていこうと思っています。

第1修行で最も大事だった事は「どうやってアサイチに羽田第二ターミナルに着くか」でした。 というのも、効率を重視した旅程にするためには、どうしてもアサイチの便を押さえたくなるからです。

SFC修行はターミナルに着いてからの事が語られがちですが、飛行機に乗るまでの段取りも結構たいへんです。

今回は、後日、成田空港や羽田空港に早く行くための記録としてまとめていきたいと思います。

続きを読む

第1修行 修行初め 那覇 - 羽田 @2017/01/01

あけましておめでとうございます。2017年がスタートしました。

ついに私のSFC修行がはじまりました。1月中に全5行*1の予定で解脱する、爆速修行のはじまりです。

この日がやってきてしまったという感慨深い元旦でした。昨年の秋に予約してからというもの、緊張の毎日でしたが、元旦より羽田空港第二ターミナルに馳せ参じ、無事に行を修めることができました。

記念すべき修業初め(ぞめ)は、初めてのことばかりで緊張の連続でした。とりとめもなく、すこしづつではありますが、まとめていきたいと思いますので、ご覧いただければ幸いです。

*1:ぎょう

続きを読む

2017年SFC修行の新目的 ~マイルでドイツにRIMOWAを買いに行こう!~

人それぞれ、SFC修行をしたいと思う動機は違うと思います。目的なく修行をしていると、ステータスの魔力に取り憑かれてしまい、いつの間にか飛行機に乗ることが目的になってしまう可能性をひしひしと感じています・・・。実は、年末に向けて次々とダイヤモンドステータスを達成した方々の報告に心が揺らぎはじめていて・・・。今回は、将来の自分がブレないようにする決意表明のために、今のところ何を目的にSFC修行していくのかをまとめておきました。

続きを読む

完全無欠ダイエットを半年続けて5kg痩せました

私は、3月から計画、実践してみて、6ヶ月で5kg痩せました。丁度、マイルを貯めはじめた頃に同時にはじめた「完全無欠ダイエット」です。なぜSFC修行のブログに完全無欠ダイエットの話を書いたかというと、SFC修行には太る事に直結することがものすごく多いからというのと、本に書かれた通り実践すると成功するのがSFC修行に似てるというところです。

続きを読む